資格の種類

ネイルケアをするならネイリストを目指そう!【民間資格】

ネイリストとは?

ネイリストとは、お客様の爪や指先を健康的で美しくするためのプロです。

爪という僅かなスペースに色を重ねるだけで、指先の動きまでしなやかに美しく感じられませんか?

凝ったネイルをしてなくても綺麗に整えられた爪に桜色のネイルをしているだけで上品で知的な印象を受けます。

逆に、お洒落な服をきた女性のネイルが剥げていたりすると少し残念に思います。ネイリストは、ネイルだけでなく爪の手入れからハンドケアまで手がけます。

華やかなイメージの裏側では、細やかな作業と、様々な顧客が満足できるデザイン考案の繰り返しです。

この数年の間に、ネイルはどんどんアートへと進化してきました。

それは、アーティストとも言える、ネイリストの育成に業界全体が力を注いでいるからに違いありません。今後も、トップネイリスト、カリスマネイリストの登場が期待されます。

ネイリストの将来性

女性向けの雑誌などで特集が組まれたり、立ち寄りやすいネイルサロンの増加などによって、以前までの「よそいき」「特別なこと」というイメージから「もっと身近なもの」と感じられるようになってきました。

業界全体がネイリストの技術の向上に力を入れている今、今後ますますネイルはアートとして発展していくでしょう。

また、この業種は、年齢なども関係なく働く事ができます。女性が活躍できる業界というのは非常に活気があるので、今後有望な資格の一つと言えるでしょう。

おすすめ勉強方法

認定校での受講が望ましいでしょう。スクールを選ぶ場合は、この業界での知名度、信頼度の高さを十分に調べて決めることが必要です。

日本ネイリスト協会の場合、認定校は3種類あります。(ネイル専門校、理美容養成学校、ネイル併設校)

この資格をより生かすには

ネイリストとしてより高いレベルを目指すことが重要です。ネイルの流行を即座に取り入れ、それに対応できる技術を習得していかなければなりません。

自分のサロンを開業することも可能なので、サロンに付加価値をつける事を目的とした資格の取得が望ましいでしょう。

アロマテラピー」でリラクゼーションを顧客に楽しんで頂くのも、サービスの一環として取り入れると好まれるはずです。

また、フォーマルドレスやウェディングネイルなど、色との組み合わせも重要となるのでカラーの勉強も非常に役立つでしょう。

  • この記事を書いた人

すばる

多様化していく社会の中、専門分野の細分化においてスペシャリストの育成の重要性を感じる。資格とは取得後どのようにそれを活用するのかが重要だと考え、資格とるネットを開設しました。

-資格の種類

© 2021 資格とるネット