資格の種類

エステティシャンになろう!【民間資格】

エステティシャンとは?

エステティシャンの仕事内容とは、カウンセリングを行い顧客にフェイシャルトリートメント、ボディトリートメント、脱毛などの施術を行う事です。

医学外といえども人の体に触れる仕事なので、人体に関する深い知識が必要となります。さらに、美容機器や化粧品の取り扱いについても熟知しておく必要があります。

また、顧客のかかえる悩みも様々であることからカウンセリングは非常に重要な仕事となります。

顧客の要望を十分に把握し、その人にあったエステプランを立てて実施することが要求されます。

レベルの高いエステティシャンとは、知識と技術もさることながらコミュニケーション能力の高さも問われるでしょう。

エステティシャンの将来性

この業界の非常に難しい点は、悪徳業者が介入しやすいところです。

不当なエステの内容や高い化粧品や美容器具を購入させて不必要な高額のクレジット契約を結んだりします。まずは、顧客の信頼を得ることが最優先でしょう。

様々な協会もエステティシャンの技術の向上に力を入れています。高年齢化が進む中、美容師業界などでは施設などでのボランティア活動がなされています。

今後エステ業界においても、このようなボランティア活動を通して社会に貢献していくようになると、エステに関する偏見などもなくなっていくのではないでしょうか。

エステティシャンへの就職希望者は年々増加しており、その理由は年齢を重ねてもできる開業が実現可能であるなどに寄与しています。

女性が活躍できる業界というのは非常に活気があるので今後有望な資格の一つと言えるでしょう。

おすすめ勉強方法

認定校での受講が望ましいでしょう。

スクールを選ぶ場合は、業界での知名度、信頼度の高さを十分に調べて決める事が必要です。就職して技術を学び受験する人を対象としたスクールもあります。

この資格をより生かすには

エステティシャンとしてより高いレベルを目指すことが重要です。自分のサロンを開業することも可能なので、サロンに付加価値をつけることを目的とした資格の取得が望ましいでしょう。

「アロマテラピー」でリラクゼーション効果をあげたり、メイクやネイルなどの勉強をして、差別化を図るためにも他のサロンにはないサービスを目指しましょう。

エステティシャン試験の詳細

現在、日本にはエステティシャンという技術者の身分を保証した国が定める資格制度(公的資格)やライセンスはありません。

そのため、エステティシャンの養成・教育ならびに「協会認定エステティシャン」資格認定活動を以下の2つの団体が続けております。

  1. 日本エステティック協会(AJESTHE)が認定する「AJESHE認定エステティシャン」
  2. 日本エステティック業協会(AEA)が認定する「AEA認定エステティシャン」

1.  AJESTHE認定エステティシャンの詳細は、一般社団法人日本エステティック協会のHPでご確認下さい。

資格・検定 | 日本エステティック協会 (ajesthe.jp)

 

2. AEA認定エステティシャンの詳細は、一般社団法人日本エステティック業協会のHPでご確認下さい。

AEA公式サイト|資格取得について (esthesite.jp)

  • この記事を書いた人

すばる

多様化していく社会の中、専門分野の細分化においてスペシャリストの育成の重要性を感じる。資格とは取得後どのようにそれを活用するのかが重要だと考え、資格とるネットを開設しました。

-資格の種類

© 2021 資格とるネット